スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

志賀島の歴史のすすめ

皆様

こんにちは、ルイガンズの星野尾です。ルイガンズのある海ノ中道からすぐ先に位置する志賀島は、歴史があり、お魚がおいしく、海は絶景で、魅力的なドライブスポットです。是非、今がベストシーズンです。皆さんいらっしゃってください。

そんな志賀島の歴史を研究されているNPO団体が毎年開催している「金印シンポジウム」が、10月19日20日に開催されます。我々、ルイガンズも勉強会を開いて頂いたりと、下記、シンポジウムのご案内です。志賀島や福岡の歴史を紐解き、福岡ももっと知って、もっと好きになって、福岡の魅力を世界の人にお伝えしていきましょう。



毎年、志賀島歴史研究会が金印の出土地福岡県志賀島で開催してきました「金印シンポジウム」も今年で、6回目を数えます。今年は、福岡市と志賀島歴史研究会の共催で福岡市役所大講堂を使って、開かれます。元日本考古学会会長で九州大学名誉教授の西谷正先生をお招きしての基調講演など、内容は盛りだくさんです。さらに全国の安曇族関係地の方々、また宗像族関係地の方々なども参加され、古代史を海人族の視点からひもとこうとする大会です。「安曇族」研究会からも米倉会長以下、全国から11人の会員が参加する予定です。各地の研究者との情報交換の場も予定されておりますので、ぜひ参加してみませんか。大会要項は下記の通りです。

日時:10月19日(金)15:00~17:00
     20日(土)10:00~17:00
場所:福岡市役所15階大会議室・講堂
内容:
■19日(金)「あづみ・しかネットワーク」会議
 安曇族ゆかりの地の方々の報告

■20日(土)「金印シンポジウム」
     【志賀島の金印と海人族】
11:00~ 基調講演(西谷正氏 九州歴史資料館館長)
     【古代の筑紫と北東アジア】
13:00~ パネル討論(安曇・宗像族関係地代表)
     【阿(安)曇族の全国の伝承と足跡】
15:00~ 特別報告「伊都国からみた志賀島」
      岡部裕俊氏 伊都国歴史博物館
15:30〜 総討論「阿曇族の謎」
18:00~ 交流懇親会

詳しいことを知りたい方は、
志賀島歴史研究会(TEL092-804-1135 岡本さん)
または当「安曇族」研究会へお問い合わせください。
E-mail adumizoku@gmail.com

スポンサーサイト

2012/10/07 08:51 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。