スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

海外伝統の大切さ

THE LUIGANS 佐伯昌紀と申します

海外視察にて フランス南西部バスク地方ビアリッツ(Biarritz)をはじめ

ボルドーやスペインなどを一週間かけて巡ってきました

その途中で出会った町や歴史など とても素敵でしたので

今回はその一部をご紹介させていただきます

basuku1

ビアリッツは ナポレオン3世妃ウージェニーが夏を過ごした19世紀以来

王侯貴族の保養地として名声を誇り 今でも大西洋岸最大のリゾート地

としてとても人気がある場所

カジノやお洒落なブティックが立ち並んでいて 夏には海水浴客で賑わい

一層華やかになる 世界中のサーファー憧れのビーチ

ヴィクトル・ユーゴー(小説家)やジャン・コクトー(詩人)もこの地を

こよなく愛したそうです

basuku2

その町で素敵な伝統商品に出会う事が出来ました

エスパドリーユ(spadrille)という靴です

「エスパルト」というイネ科の草で靴底が編まれていたことに由来するそうで

ジュート麻の底(地面に接する靴底部分のみゴム製)を持つバスク発祥の

日常靴 初めは船乗りが履く靴だったそうで その後は炭鉱で働く鉱夫の

作業靴だったとか 

今でも職人さんによる伝統的な製法と手作りで出来ているそうです

すべて手縫いで作られたキャンパス地部分も クタッとしたこなれ感が独特

なんだか見ているだけでリラックスしてしまいそうで 愛らしいんです


つい日本の伝統物「草履」の事を思い出しました

特にこの時季 日本の特別な昔のものになるつつあるけれど 

そういう物を日本人として大切にしたいなと

エスパドリーユは今もたしかに バスク人の足下を彩っています


まさに足元から


移り変わる事象や常に新しいものだけに惑わされるのではなく 身近な周囲

の当たり前の出来事一つ一つに感謝をする事や本当に大事なものを

忘れてはいけない大切さ 

basuku3

小さな歴史から学ぶ これからのまさに一齣一齣を大事にしよう

と思った瞬間でした

スポンサーサイト

2011/07/16 12:00 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。