スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

おいしいもの







こんにちは、THE LUIGANS (ザ ルイガンズ)で料理長をしております、仲と申します。




今回、THE LUIGANS (ザ ルイガンズ)から九州の旬の美味しい食材を中心にしたお話の3回目になります。




京都から来た私が、福岡で仕事をさせて頂いて一番驚いたのは、地元の方の当たり前が

私にとって当たり前じゃなかった事です。




食品売り場などをみても、春にはし、関西では見る事のないマテガイ、アゲマキなどの

貝類が豊富だったり、夏にはお刺身で食べられるサバやアジ

秋には、カナトフグ、玄海のカマス、カワハギ、冬には、サバフグ、アラ など、関西

では、あまり見る機会が少ない、九州の新鮮な魚介がたくさん陳列されています。





そういった、当たり前の、当たり前じゃない九州の旬の新鮮な魚介を・・・の レストラ

ンではカルパッチョにしたり、鉄板焼きではめずらしい紙包み焼きにしてみたり、食材が

良いだけにメニューのイメージがどんどん膨らんできます。



でも、美味しい食材だけに、海岸の炉辺焼き屋さんのような、シンプルで素材感あふれる

ものに、ひとくふう加えたものに行き着きます。




調理法はシンプルに、食材そのものを感じられるお料理をご案内したいとおもいます。食材を通じて、その食材の故郷

に行ってみたくなる力。そんな食材を、THE LUIGANS (ザ ルイガンズ)では使い続けたいと思います。


スポンサーサイト

2010/03/17 22:00 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。