スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

アストリア研修2日目

先日研修1日目アップしました 
THE LUIGANS の小池と申します
本日は2日目アップです(やっと)

おまちかねかどうかは別

名前のとおりアストリア研修

まずはアストリア社の手厚い歓迎をいただき
おなじみジョルジュ氏の待つアストリア社ショールームへ!

ちょっとわかりにくいですが
日本の国旗を用意していてくれました
54.jpg





雄弁に語るジョルジュ氏 左はエージェントの平野さん(元オペラ歌手) 右は土橋さん
49.jpg


ところせましとアストリア社の製品が並ぶ
48.jpg


ちなみにアストリア社HPはこちら

http://www.astorialounge.be/nl/




ちゃんと聞いてます
51.jpg


このタンクの並び 全部で24基あるそうですが
ここだけで 4万リットルものアストリアラウンジがあるそうです
52.jpg

こんな感じの貯蔵できる樽?が
このショールームの近くに5つほどあって 全部で24万リットルを常備しているそうです

アストリアはプロセッコという葡萄品種を使用して作った発泡酒です

ちなみに
プロセッコ(Prosecco)とは・・・・・・
イタリア・ヴェネト州で生産されるブドウ品種。またはこのブドウを主に使用した白発泡ワイン。通常、DOCワイン、プロセッコ・ディ・コネリアーノ(Prosecco di Conegliano)のことを指す。プロセッコ・ディ・コネリアーノ・ヴァルドッビアーデネ(Prosecco di Conegliano-Valdobbiadene)と言う場合もある。
このブドウ品種は、ヴェネツィアの北にあるコネリアーノ、ヴァルドッビアーデネなどの地域で生産される。熟成が遅く、少し苦みのある後味の、ドライなスパークリング・ワイン(スプマンテ)やセミ・スパークリング(フリザンテ)に使用される。
現在、「プロセッコ」と言う名称は、欧州連合の原産地名称保護制度で保護されており、コネリアーノ、ヴァルドッビアーデネのプロセッコ品種のみで生産されたワインにのみ使用することが出来る。(WIKI)

アストリアラウンジはシャンパンよりも熟成期間が短く
約3ヶ月~半年くらいの期間でできます
では熟成期間の長いシャンパンが良いのかというとそういうものでもないそうです



ジョルジュ氏いわく
プロセッコ→少女
シャンパン→熟女
で双方ともいいところがある!

と何度も言い放ってました



さて
発泡酒について
いろいろとお話をいただいた後は
アストリア社の畑へと招待されました
56.jpg




広さは約100ha(ヘクタール)
1ヘクタールは1辺が100Mの正方形なんで・・・・
まぁその百倍ってことです

とっても雄大な景色が広がってました

その畑の中には
もともと小作民が共同で生活をしていたという屋敷を
リノベーションして
博物館兼オフィス(?)みたいなつくりにしている建物があります

55.jpg






実際にお酒を貯蔵して熟成させたり

これまでのアストリアの歴史が飾ってあったり・・・

(ちなみにミスイタリアに見事選ばれた際に
お祝いのお酒として 贈呈されるのはアストリアだそうです
イタリアではもうすでにかなり有名になっているんですよね)



その中で
ジョルジュ氏が僕らに家庭料理をご馳走してくれました
もちろん途中途中にはアストリア社が誇るとってもおいしいワインのテイスティングもはさみ
61.jpg

62.jpg

63.jpg

64.jpg

65.jpg

66.jpg










うまい!





お食事についてはうんちく的に語ることは控えます!
お写真をご覧になるか
お近くの研修生に!

※あ、でもこれだけ 
アストリア社はジョルジュ氏の奥様がとってもお料理が上手で
食品部門のディレクターをされているくらいで
最初のハムや野菜などはアストリア社の既製品でしたが
とってもおいしかったです

あと、チーズと添えてあるのは
アストリアの赤ワインと白ワインのジャムです

もちろんチーズもとっても濃厚で自然な味がしておいかったのですが
このジャムは本当に絶品でした

なにかとくださいといえばいただけそうなジョルジュ氏でも
「もう在庫がないから無理だよ」っていってました
アストリア社の中でも貴重な製品のようです


食事の後には
テラスにてこんなに素敵なみずみずしいくだもの

67.jpg








さてさて
アストリアの歴史とイタリアの本格的な家庭料理に舌鼓をうったあとは
再度ヴェネチアに!・・・・・・

次の日 パリへと出発する前に
今一度ヴェネチアを堪能


いろいろと歩きまして

お食事をすませ
この日は終了!




今回はこれにて終了・・・・!!

次回は3日目は乞うご期待

パリ編!
フォーシーズンが待ってます!
本当に素敵でしたねーーー






スポンサーサイト

2010/12/30 14:52 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。